3、任意整理のメリットデメリットとは?

任意整理のメリットは何がるのでしょうか?
法律専門家、司法書士、弁護士等に依頼した後は、債権者からの取立て、督促がストップする。
もし 過払い金が発生している場合、過払い金を請求することができる。
多重債務の場合、債務整理したい部分のみの借金を整理することもできる。
自己破産のように各種の資格制限がないため、今後に有利。
裁判所を使わないので、出向く必要もないし、呼び出しなどで時間的な拘束もない。
利息制限法で定められた正しい利率で再計算をするので、もしかすれば債務額が減額されるかもしれない。
任意整理をする借入先を選べる。
債権業者との和解交渉の為、裁判所等は関係ないので、自己破産や個人再生のように官報に載ることがない。
和解後の支払いに対して利息を支払わなくてよい。

任意整理のデメリットは何があるでしょうか?
信用情報機関(ブラックリスト)に事故情報と言うことで記載されてしまうので、5〜7年は新規に借り入れたり、ローンを組んだり、クレジットカード作成などは無理。
任意整理に応じさせる為の法的な強制力がないため、悪徳な業者の場合、和解が成立しない場合もある。そこで誰もが任意整理ができるわけではありません。任意整理できる方の条件があります。任意整理後の減額された借金をおおよそ5年以内で返済できる方。その為に、安定して収入があるかたが条件となります。

任意整理を本人や家族などの身内がやろうとしても、債権業者は応じてくれないでしょう。仮に応じてくれたとしても、希望通りにはいかないでしょうし、先方の思うままになりかねません。やはり、任意整理は、法律を熟知した、弁護士・司法書士に依頼して下さい。
そして任意整理をすると必ず借金が減るというわけではありません。概ね減る方が多いとおもいますが、その人の、約定利率や、取引の期間によります。
任意整理をすると利息制限法に引き直して債務額を計算しなおします。もともとの約定利率が高ければ高いほど、取引の期間が長ければ長いほど債務は減額できるでしょう。5年以上の取引があった場合、債務が大幅に減るでしょう。場合によっては過払金が発生していることもあえます。利子が高すぎて、元本までの返済に回らず、過払いになっているケースです。その場合、任意整理をした結果、債権側へ過払い請求を起こして、お金を取り戻すことができます。

もし5年以上のとりひきが無くて、任意整理をしても意味がないのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえ1年でも、任意整理後の利子が取り消しになりますので、任意整理をせずに完済まで約定利息を支払うよりも、任意整理をして、利子を取り消してもらう方が、よっぽど返済総額が大幅に減ってくるでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

カーテンを通販で注文
http://hc-curtain.com/

最終更新日:2017/1/11